プロフィール

G鉄-29683

Author:G鉄-29683
爺鉄・・G鉄です。
古い写真は写りの悪いものばかりですが、ご勘弁ください。

ヘタクソ写真ですが無断転用は禁止です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
G鉄・ズレズレ鉄日記
『G鉄・ズレズレ鉄日記』のURLです
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1458位
アクセスランキングを見る>>
電車がゆく ver.02
無料ブログパーツ
最近の写真(アイコン風)
電車が参ります
カテゴリー 《 田端機関区-EF56 》   全1ページ
このページのリスト

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.25    カテゴリ:  田端機関区-EF56 

   一枚のカラー写真

田端機関区で休息中のEF56-9のカラー版です。
DD20と同じ日に撮影したものですが、このほかにはEB10、EF12・15、キハ82ひばり、EF58はくつる
などがありました、整理がついたら載せて見ます。


EF56-9 
1940年 3月25日 : 川車 落成 製番 93
1940年 4月 2日 : 沼津 新製配属
1940年 9月23日 : 国府津にて車体損傷 
1949年 9月 5日 : 浜松 転属
1957年10月15日 : 沼津 転属
1957年11月 1日 : 関ヶ原-柏原で踏切支障、前部大破 
1958年 3月31日 : 宇都宮転属
1975年 2月 ?日 : 宇都宮廃車
1975年 3月31日 : 大宮工場回送
1975年 4月11日 : 大宮工 解体開始
1975年 4月17日 : 大宮工 解体終了

私の年代では普通客車牽引を見た記憶が微かにある程度・・走行中をみたのは専ら荷物列車、当時はこれ牽引専門の機関車かと思うほどでした。
EF57ほど強烈な外観ではありませんが、EF53とこのEF56は特にデッキがお似合いの機関車だと思ってました。丸形、角形・・同じ形式でも形が違う、昔のカマはいろいろ楽しい事がありましたね。

ef56のコピー
スポンサーサイト

2012.03.26    カテゴリ:  田端機関区-EF56 

   田端機関区で憩うEF56

EF56は昭和12年から製造した直流電気機関車です、現役を知る年齢では私くらいが(60歳)最年少でしょうか?
この機関車の主な特徴は、暖房用の蒸気発生装置(SG)を搭載、冬に暖房車を不要とした事で、1号機から7号機は丸みのある車体、8号機~12号機は角張った車体と同機種ながら外観が違っていました。そして13号機はEF57-1として落成、EF57の特徴である突き出たパンタグラフでなく、外観はEF56そのものでした。

それではEF56を三機貼ってみます。いずれも宇都宮機関区所属ですが、EF57に追われながら細々と荷物列車の牽引にあたっていた晩年の頃です。

昭和44年頃から5両の同機がEF59として改造され、山陽本線の急勾配区間である瀬野八の補機用として昭和62年まで活躍しました。

EF56-5
EF56-5のコピー

EF56-9
詳細を読む »


Copyright © G鉄・ズレズレ鉄日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。