プロフィール

G鉄-29683

Author:G鉄-29683
爺鉄・・G鉄です。
古い写真は写りの悪いものばかりですが、ご勘弁ください。

ヘタクソ写真ですが無断転用は禁止です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
G鉄・ズレズレ鉄日記
『G鉄・ズレズレ鉄日記』のURLです
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5842位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1284位
アクセスランキングを見る>>
電車がゆく ver.02
無料ブログパーツ
最近の写真(アイコン風)
電車が参ります
 全1ページ
このページのリスト
  スポンサーサイト   EF60-511 6レ「はやぶさ」
2012.06.29   カテゴリ:《 日記 》
  消えゆくEF66-0
2012.06.28   カテゴリ:《 日記 》
  6月28日 カシオペア・北斗星
2012.06.28   カテゴリ:《 復活SL C6120 》
  6月26日 梅雨の晴れ間に上越へ
2012.06.25   カテゴリ:《 ネタもの 》
  6月25日 E653系新潟地区訓練回送   東京駅・東海道新幹線開業直前の頃
2012.06.23   カテゴリ:《 ネタもの 》
  上越線 タカ配給
2012.06.22   カテゴリ:《 復活SL C6120 》
  6月21日 上越線C61旧客試運転
2012.06.20   カテゴリ:《 ネタもの 》
  485系郡山工場入場
2012.06.20   カテゴリ:《 日記 》
  6月19日 早朝貨物   東海道新幹線開通一月前
2012.06.18   カテゴリ:《 アントキの一枚 》
  嗚呼「上野駅」
2012.06.17   カテゴリ:《 アントキの一枚 》
  糸崎機関区 C50(構内入れ替え機)
2012.06.15   カテゴリ:《 アントキの一枚 》
  両毛線 C50客レ
2012.06.13   カテゴリ:《 ネタもの 》
  キハ37郡山出場
2012.06.12   カテゴリ:《 アントキの一枚 》
  高崎第二機関区のEF55
2012.06.10   カテゴリ:《 アントキの一枚 》
  宇都宮運転所の機関車達
2012.06.09   カテゴリ:《 大宮機関区-DD90 》
  大宮機関区 蔵の中のDD90
2012.06.09   カテゴリ:《 大宮機関区-DD90 》
   旧大宮操車場とDD90 その2
2012.06.08   カテゴリ:《 大宮機関区-DD90 》
  旧大宮操車場とDD90
2012.06.08   カテゴリ:《 日記 》
  6月7日 上越線・青雷貨物
2012.06.06   カテゴリ:《 日記 》
  6月5日 早朝の1000番台PF狙い
2012.06.05   カテゴリ:《 ネタもの 》
  6月4日 209系高萩から離れる。
2012.06.04   カテゴリ:《 日記 》
  6月1日 朝練の追加分
2012.06.02   カテゴリ:《 日記 》
  6月1日 朝練でPF貨物撮影
2012.06.02   カテゴリ:《 ネタもの 》
  EF81牽引の配給×3
2012.06.02   カテゴリ:《 復活SL C6120 》
  5月30日 上越線試運転

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.30    カテゴリ:  昭和39年の夏・・。 

   EF60-511 6レ「はやぶさ」

「アントキの一枚」で載せてましたが、昭和39年の夏・・、とカテゴリー変更して載せていきます。僅かな記録ですが新幹線開通直前の夜行寝台・関西急行などを紹介していきます、引き続きご覧頂けたらです。
さくら・あさかぜ・・でしたから次は「はやぶさ」です。



「はやぶさ」が東京駅に長旅の乗客を乗せて到着、裏方さん達はこれからが大変です。
誘導員もいない構内、清掃作業の方々が客車方向に歩いていますが、竹で出来た大きなカゴを背負っています。
上野や東京駅でよく見られた光景ですが、この大きな竹製のカゴ、ホームでは紐で繋がれ引っ張っていました、
まだ合成樹脂のカゴは高価だったのでしょうか?

ホームには大きな給水塔がみえます、蒸気時代、C62が此処で給水する光景・・見たかったですね。
EF60-511 はやぶさ 6レ_edited-1
スポンサーサイト

2012.06.29    カテゴリ:  日記 

   消えゆくEF66-0

高速貨物用として1966年に試作機がEF90として登場、1968年からEF66として量産が始まり、1975年までに計56両が製造され華々しい活躍をした名機もいよいよラストをむかえてます。

現在は僅かに33、35、52号機が動いている様ですが、残念な事に気がつけばこれだけまでに減少してしまいました・・。

昔は東海道・山陽道でしか見られなかったEF66ですが、鉄に復帰した平成20年頃、地元武蔵野線で見たEF66には
懐かしさと驚きがありました。


EF66-33 4083レ 
EF66-33 4083レ

EF66-52 3085レ
EF66-52-3.jpg

2012.06.28    カテゴリ:  日記 

   6月28日 カシオペア・北斗星

降水確率が最も高いとされる6月28日、今日は雨の心配がなさそうなのでカシ、北斗星の
夜行二本撮りしてきました。

北浦和の上り側ポイント、晴天ならば綺麗な編成が撮れますが、此処は被り天国・・ウラ
被りも合わせるとかなり高い確率で被ります。お時間とお金をかけて来た方にはあまりお
勧め出来ません・・。
同じように「あけぼの」(6時30分過ぎ)がありますが、こちらも普電下りと京浜東北の
被りの可能性が高いです。あまり面白く無いですが北浦和付近で撮影の上り夜行列車は、
歩道橋などの上から俯瞰が一番無難かも知れません。

EF510-509 8010レ カシオペア 
今日は珍しくケト南行が迫ってきてます・・。
EF510-509 カシオペア

EF510-512  2レ  北斗星  
栄光の列番1レ・2レは現在この北斗星、臨時便になるとかで列番変更があるらしいですが・・。
EF510-512.jpg





2012.06.28    カテゴリ:  復活SL C6120 

   6月26日 梅雨の晴れ間に上越へ

26日、先週に続いき上越のC61を撮影してきました。
雨なら中止と思ってましたが、朝からとても良い天気で湿度も低そうです。

八木原で先週お会いした方との再会も楽しみです、新しい出会いの少なくなった
年齢になりました・・・こうして趣味を通じ知合えることがとても嬉しいです。

八木原ではサイドを変えて今回はやってみました、先客様一名・・邪魔にならない
位置を確認し、望遠でカーブ正面とワイドでサイド狙いにしてみました。



C61-20 旧客5両 試9735レ  群馬総社~八木原
サントリーカーブ 縦

橋の手間で狙いたかったのですが、先客様のレンズに入るそうなので此処で・・。
c61-20.jpg

先週お会いした方の車に便乗し渋川の先まで、大カーブのC61を捕獲します。
渋川カーブ

C61-20 渋川-2


次は水上まで高速で移動、定番ですが諏訪峡に。平日の試運転、車でも充分間に合いました。
C61-20 諏訪峡

水上駅周辺でまたの再開を約束して解散・・私は上りの出発シーンまでブラブラします。
発車シーン、空いてます・・それでも10人ほどでしょうか。
C61-20 水上発車

C61-20 水上

いよいよ同時発車、そして七夕すれ違い列車と続きますが混雑必死の沿線・・どうか事故のないように・・そして周囲に気配りある撮影をお願いします。私は混雑回避で多分出撃しませんが・・。








2012.06.25    カテゴリ:  ネタもの 

   6月25日 E653系新潟地区訓練回送

お昼過ぎ、地元を常磐線勝田のE653系が新潟車両センターに向かって行きました。
訓練運転らしいですが、こE653系が485系「いなほ」の置き換えとなるのでしょうか?

485系の「いなほ」、こちらも出来るときに撮影しておかねばですね。


高崎線内をE653系が走る姿を初めてゲット、丁度運良く?185系の訓練運転と目の前ですれ違い・・貴重な場面を撮影することが出来ました。


右 E653系 K353 9771M    左 185系 OM02 試9954M
185系OM02 試9954M

653系 地元を通過、高崎方面に向かいました。新潟方面で訓練運転となります。
653.jpg

2012.06.24    カテゴリ:  昭和39年の夏・・。 

   東京駅・東海道新幹線開業直前の頃

「夢の超特急」、東京駅に開通直前の列車撮影・・。
今は何故か「同業者」と呼ぶ列車の撮影者ですが、この時の写真を見ると駅撮りでありながら殆ど写って
いない様です。

「さくら」の次は、列車番号から「あさかぜ」掲載となりますね。
「動くホテル」と言われた20系寝台列車、昭和33年10月に初登場したのがこの「あさかぜ」、長距離移動
の交通機関として鉄道が最も輝いていた頃です。

時代的に残念ながらこの「あさかぜ」を含むブルトレの牽引機、EF60からの撮影になりあのEF58の姿を見
ることもありませんでしたが、東北に誕生した「はくつる」、これは地元通過とあってかなり撮影出来たの
が良かったです。


EF60-514  4レ 「あさかぜ」 
EF60-500番台・・僅かな期間ですが豪華列車の牽引にあたりましたが、その姿を記録できたのは幸運です。
EF60-514 あさかぜ 4レ_edited-1






2012.06.23    カテゴリ:  ネタもの 

   上越線 タカ配給

21日、C61の試運転と配給の両方ががうまい具合に捕獲できました。

高崎線、宇都宮線用の増設となるわけですが、211系の行き場が徐々になくなってきますね・・。

山を越えてきたE233系
EF64-1031+e233系10両 タカL03編成 配9772レ
EF64-1031+E233 タカL03編成10B 配9772レ 

後撃ちです。
231 甲種

2012.06.22    カテゴリ:  復活SL C6120 

   6月21日 上越線C61旧客試運転

21日は「夏至」でしたね・・蒸し暑い日でしたが朝から上越に出撃、C61の試運転を撮影に行ってきました。

情報ではこの日の早朝、東北方面からD51が高崎に帰還との事。
高崎線内でうまく追いかけられればと思いましたが、見つけたのは高崎構内、車中から見るだけに終わってしまいました。Pトップがお迎えの予定だったそうですが、ゲッパが代走です・・Pトップに何かあったのでしょうか?

C61-20 旧客5両 試9735レ  群馬総社~八木原
今回も一発目は八木原のサントリー脇・・私を入れて鉄は5人。ここも草木が伸びて時期的には難しくなりそうです。地元の方とお話ししながらの撮影、帰りは駅まで送って戴き大変助かりました。
IMG_7689-00.jpg

C61-20 旧客5両  後閑~上牧           
八木原の次は後閑~上牧間に移動、S字カーブを登るC61をゲット。
c61-20-2.jpg

上り 試9736レ  上牧~後閑
煙はスカ・・分かってるのですがやはり残念。ここでは1人でゆっくりと撮影出来ました。
C61-20-4.jpg


試9736レ  渋川駅の発車です、駅前駐車場のお子さん連れに手を振る乗務員さん。
c61-20-9.jpg




2012.06.20    カテゴリ:  ネタもの 

   485系郡山工場入場

郡山入場485系青森車、EF81に牽かれてやってきました。
上越の山を越え関東に入り、都内をぐるりと廻って方向転換・・お陰様で地元では二度の撮影チャンスが
あります。まぁ485系の入場ですから、二度撮影は中々しませんが。

EF81-139+485系 配8145レ
EF81-139+485系  郡山入場 配8145レ

同 後撃ちです。いやいや何度見ても派手な色合いですね。
 配8145レ 85系 後撃ち

2012.06.20    カテゴリ:  日記 

   6月19日 早朝貨物

昨日は早朝貨物撮影をしてきました。
台風接近のニュースが流れてましたが、朝はまだ雨風の心配がなかったので出撃・・気になるPF貨物ですが10本捕獲して、うち1000番台が3本でした。

現在の1000番台ですが、1036・1037・1040・1050・1065・1066・1072・1075・1076・1078・1081・1095・1117・1121・・計14両と思いますが、 内容に間違えがあるかも知れません・・。

3本の早朝PF貨物では久々に1066号機を捕獲、そして1121号機も姿を見せてくれました。
まだ捕獲チャンスがありそうです、1036、1037号機をはじめとし今ならまだ間に合う・・です。

EF65-1066 2074レ 
与野駅付近では武蔵野線貨物上りと併走するのですが、この日はそれを撮影と思い何時もより与野駅寄りに・・。そんな時に限って併走しないモノなんですね。
EF65-1066 2074レ

EF65-1075 8178レ
この機関車も改番してません・・。この先どうなるのでしょうか?
EF65-1075 8178レ

EF65-1121 9074レ
原色、青プレ、1000番台カマはこれだけです。
EF65-1121 9074レ


早朝貨物は4:30~6:30に撮影することが多いですが、この間に撮影出来る貨物は大凡20本。とても全部を載せる訳にはいかずです。今回は金太郎を三本載せてみます。

EH500-34 3056レ
EH500-34 3056レ


EH500-62 3054レ
EH500-62 3054レ

EH500-66 6090レ
EH500-66 6090レ

〆は「あけのぼ」です。 この日の「あけぼの」には鉄の知り合いが乗車してます、メールで聞いた号車を狙い撮影しましたが被りギリギリ・・何とかセーフでした。
EF64-1030 2022レ 「あけぼの」
EF64-1030 あけぼの








2012.06.19    カテゴリ:  昭和39年の夏・・。 

   東海道新幹線開通一月前

前回は昭和39年の上野駅を載せてみましたが、同じ頃の東京駅列車風景を何回かに分けて載せてみます。

一回目はやはり「さくら」に登場してもらいます・・1レ・2レの列車番号、今なら「北斗星」です。
東海道新幹線開業の一月前、消えゆく列車達を撮影に同級生と出かけました。上野駅と何となく雰囲
気が違い、汚れたズックでホームを歩くのが少々恥ずかしかった事を覚えてます。

EF60-505 「さくら」 2レ
EF60-506 みずほ 8レ (2)のコピー

2012.06.18    カテゴリ:  アントキの一枚 

   嗚呼「上野駅」

昭和39年当時、上野を出発する列車のいろいろです。

「ああ上野駅」、上野に到着する集団就職の青年達を見て曲が生まれ、無名の井沢八郎が唄い大ヒットとなった有名な曲です・・。
東京駅とは何かが違う、そんな雰囲気たっぷりの上野駅ですが、現在は大きく様変わりしてしまいました。
昔を思い出させてくれるモノが年々少なくなっていくのが非常に残念です。

通学では散々お世話になった上野駅、鉄も含めこの駅事は隅々まで知っていた10代後半から20代、その頃の写真、ネガはあちらこちらへの移動で大半が行方不明・・中学、高校当時のネガは実家に置いてあったのでこうして今でも見れるが救いです。

EF58-136 庇が特徴です、上越・東北方面の旅客に大活躍の頃です。
ef58136のコピー

C58-8 成田線の旅客はまだC57やC58が牽引していました。
c588のコピー

はつかり ホームの先頭には荷物が山積みです。
hatukariのコピー

キハ26 準急「ときわ・奥久慈」
kiha26のコピー

2012.06.17    カテゴリ:  アントキの一枚 

   糸崎機関区 C50(構内入れ替え機)

両毛線C50繋がりですが、糸崎機関区に居たC50を掲載してみます。

C50-88 全面がトラ模様(ゼブラとも言われる様です)、ランボードの白塗り、テンダーには緑十字と派手に
ペイントされていましたが、構内入れ替えで働く姿は軽快な足取りで、このカマの最も得意とする仕事だったようです。
同じように糸崎には9600のゼブラが居ましたが、腰の高いカマのゼブラはお似合いではなかった様で、こちらの写真は又の機会に掲載してみます。

C50-88 お世辞にも美しいとは云えませんが・・。
c5088-2pgのコピー

C50-88 正面です。
c5088のコピー

C50-88 サイドです。モーガルは軽快な走りに定評があったそうですが、脱線を度々したとかです。
c5088-2のコピー

※三枚とも昭和45年3月 呉線C62・C59を追いかけての遠征時に撮影。

2012.06.15    カテゴリ:  アントキの一枚 

   両毛線 C50客レ

父方の郷里が前橋市内であり小中学生の夏休みには毎年遊びに行ってました。
昭和39年当時、両毛線はまだ高崎、小山区のC58、C50が活躍しており、旅客はC50、貨物がC58でした。
電化は前橋までであり、上野発の普通列車は新前橋または前橋が終点、小山まではC50の牽く旧客が高崎
から出てました。

鉄を始めたばかりの頃、何処に何が走ってるかの情報も殆ど分からずの状態でしたが、前橋駅に近い親類
の家から列車撮影に出てみたのがこの「アントキの一枚」、昭和39年8月です。




C50-125 小山行き普通列車 前橋駅東方 踏切の後ろが前橋駅。駅方面は電化されてますので架線柱が見えます。両毛線のC50撮影はコレ一枚だけ・・何回も撮っておけば良かったと残念でなりません。
c50125 客レ 前橋駅付近のコピー


そして駅近の構内にはおきまりの「日通」。日本国中のどこでも見られた駅での貨物入れ替え作業です。
c5885 前橋駅構内のコピー

駅構内での撮影、かなり自由に出来ました・・良い時代でした。
c5885のコピー

2012.06.13    カテゴリ:  ネタもの 

   キハ37郡山出場

久留里線、キハE130形の導入でこの秋から旧型キハの動きが心配されてますが、今日は郡山からキハ37が帰ってきました。
雨の心配も無くなった16時少し前、大宮操車場で一休みしてから真っ赤なゲッパに牽かれ浦和トンネル前に姿を現しました。

鉄数、大凡10人弱です・・何人もの通行人か何が来るの?何が通るのとの質問が・・比較的慣れっこになってる我が沿線ですが、カメラをもった「集団」は目立つのでしょうね・・行動に注意しなければと改めてそう思いました。

EF65-1118+キハ37-1003 配8384レ
EF65-1118+キハ37  配8384レ

キハ37、後撃ちです。
キハ[37

2012.06.12    カテゴリ:  アントキの一枚 

   高崎第二機関区のEF55

昭和39年1月6日、同級生と二人で初めて遠征に出ました。
この当時は東十条・赤羽近辺に住んでおり行き先は横川機関区、高崎機関区と決めました。
なぜ此処に決めたかは覚えてませんが、赤羽から乗り換えなしで行けるという事から、信越
線方面になったのではと思います。

貰ったばかりの「お年玉」が早速フィルムと交通費に使われましたが、この時期くらいでしか
自由に使えるお金はありません・・子供がお金の掛かる趣味を持つなんて・・そんなことが許
される時代ではありませんでした。

横川では新鋭EF63とアプト式のED42を撮影し、帰り道に高崎第一機関区、そして第二機関区と
撮影してまわりました。

何処をどういう道筋で第二機関区にたどり着いたか・・もう記憶にはまったくありませんが、帰
り道は機関区の方が高崎駅まで車で送って頂いた事だけははっきりと覚えてます。

その時高崎第二機関区で見たのは、薄汚れた錆だらけのEF55、更にその脇には雨ざらしの廃車さ
れたED42群。最新鋭のEF63、62を見てきたばかりだったのでそのギャップが何時までも記憶に
残っていました。

高崎第二機関区にて  EF551 前はナエ27025  
左側は同級生のK君。彼は鉄道学校へ進み、そして機関車に乗るようになりました。
EF55

ED4213他ED42の廃車群  
ED42のコピー




2012.06.10    カテゴリ:  アントキの一枚 

   宇都宮運転所の機関車達

何処に撮影に行くでもなく、ぶらりと近場の撮影と言うことで「宇都宮運転所」に出かけた様です。
ネガには残念ながら何のメモもなく日付がはっきりしません・・。



宇都宮運転所のEL達・・昭和50年前後の撮影と思います、構内に居たEF57-6には「一休」の札が入っていました。
EF65、58、57、15と当時の新旧EL達がのんびりと屯してます、烏山線用のDCキハ10あたりもちらりと後方に見えてます。
utunomiya unntennjo

同じような写真ですが左側にEF57-1の姿が見えます。
utunomiya unntennjo-2

EF57-6一休
宇都宮運転所



2012.06.09    カテゴリ:  大宮機関区-DD90 

   大宮機関区 蔵の中のDD90

大宮機関区のDD90、定位置は蔵の中・・。

撮影日がはっきりしませんが、昭和40年~42年頃と思います。
塗装もよくよく見れば違っているようですが、どれが先か後かも
分からずです・・。

D51でしょうか? 木造の倉庫が何とも云えないです。
dd90-1のコピー

蔵の中のDD90
dd90-2のコピー

後方からの撮影・・面白い出入り口です。
無題-スキャンされた画像-12-1

2012.06.09    カテゴリ:  大宮機関区-DD90 

    旧大宮操車場とDD90 その2

大宮操車場・・懐かしいですね。

写真のDD90の上に見える橋から撮影したのがはじめの一枚目です。
現在の此処は立派な陸橋で、大宮の西、東を結ぶ道路になっていますが、
この時代は車が通ると揺れる位の情けない橋でした。

dd90-2.jpg

DD90 今思えばカッコ良い・・大陸で見るようなDLです。
DD90-7.jpg




2012.06.08    カテゴリ:  大宮機関区-DD90 

   旧大宮操車場とDD90

大宮機関区所属のDD90、陰が薄くあまり記憶に残っていません・・。
何時もは煉瓦の蔵に眠っていた事が多く、操車場で入れ替えをしている写真はこの時だけです。
大宮機関区のSL達もあと僅かで消えるという頃、試作機とは云えDLに興味などまったくなかった
様です・・。

DD90を調べてみると、
「戦後、国鉄がディーゼル機関車の開発を模索していたころ、日本国内の車両メーカーは国鉄および日本国外への売り込みをはかるべく、独自の機関車を設計・試作した・・それらの試作機関車のうち、入換用として製造されたのがDD90である。

エンジンはアメリカのクーパー・ベッセマー社 (Cooper Bessemer) と東芝の技術提携により製造された定格出力660馬力の直列6気筒ディーゼル機関、FWL-6T形である。
車体形状は非常に背の高いボンネットの一端に運転台を持つエンドキャブ形のフード・ユニットであり、ゼネラル・エレクトリック製の47 - 60トン級スイッチャーのようなアメリカ風の外観である。

1954年(昭和29年)に東芝で製造された。電気部分はアメリカのゼネラル・エレクトリックとの提携である。
大宮機関区に配置され、大宮駅構内で入換に使用された。1958年(昭和33年)に国鉄が購入し、同時にDD90形と改称された。その後は他に転属することなく大宮操車場で入換作業に従事していたが、輸入部品ばかりで保守に難があることから休車になりがちで、1971年(昭和46年)3月に廃車となった。・・以上、ウィキペディアより



何度か塗装が塗り替えられたとありますが、記憶では薄汚れた茶色としか覚えていません・・。
蔵の外で入れ替えする姿は数回しか見ていなく記憶は曖昧です・・ウィキペディアにあるように大陸的のDLの様な
外観であったのは確かです。力がなく入れ替えはもっぱら大正生まれの9600が活躍していたようです。

大宮操車場で働くDD90
DD90-1.jpg

大宮の主 9600
大正生まれの9600、そう言えば自分のオヤジも大正だった・。SL現役の最後まで生き延びた優秀なカマですが、誰が最後のSLが9600と予想したことでしょうか・・。

9600-1のコピー



2012.06.08    カテゴリ:  日記 

   6月7日 上越線・青雷貨物

6,7日と家族臨で水上へ行ってきました。
6日の出発では地元は曇り・・予報も曇りのち雨とかでしたが、関越道は群馬に入るとカラットした青空でした。

7日の朝、朝散歩のつもりで貨物の捕獲に。此処、水上は8時台に貨物が三本集中しています。
駅近くの撮影ポイントで貨物待ちです。

2083レ、2092レと続けて来るはずなんですが・・踏切矢印は上下を表示。慌てても既に遅く、青雷の離合という贅沢なショーを目の前で見ることが出来ました。

左 EH200-11 2092レ   右 EH200-20 2083レ
EH200-20 2083レ EH200-11 22092レ

EH200-20 2083レ
EH200-20 朝

今度は縦アン・・。
EH200-20- 20083レ

その後のもう一本、95レは見逃してしまいましたが、昼の貨物2082レ狙いに湯桧曽方面に向かいました。

EH200-20 2082レ   2083レで山を登った20号機は長岡で折り返し、22083レで高崎に帰ってきます。
EH200-20-2082レ

S字カーブ、上越線にはこんなカーブが沢山あります。
EH200-20-3.jpg

2012.06.06    カテゴリ:  日記 

   6月5日 早朝の1000番台PF狙い

このところ早朝貨物撮影と云えば4時起き・・そして4時半頃からの撮影開始です。
6月とは云え、さすがに4時台は肌寒いですが、静かな雰囲気で撮影出来る「この時間」
が癖になりそう・・。
PF1000番目当てか?この朝は珍しく平日なのに先客様が・・朝早くからお互いにお疲れ様です。

早朝の収穫ですが、EF64×5
         EF65×10  
               (1000番台×4)
               (2000番台×6)
         EF66×1
         EF210×4
         EH500×2
以上でした。1000番台が4本撮れるとは思っても居ませんでしたし、最若番1036号機が捕獲でき
たのが良かったです。

では、その1036号機から・・。
EF65-1036  8179レEF65-1036  8179レ

EF65-1075 7070レ   左はEF65-2085 2074レ
EF65-1075 7070レ





EF65-1083 3074レ
EF65-1083 3074レ

EF65-1094 5764レ
EF65-1094 5764レ












2012.06.05    カテゴリ:  ネタもの 

   6月4日 209系高萩から離れる。

常磐線高萩駅に疎開していた209系元ウラ68編成が、高萩~東大宮(操)間で移動が配給輸送されました。
高萩疎開分の209系の配給はこれが最後の様です。

夏至とは云え、さすがに曇り空の19時近く、露出はまったくありません・・デジタルに救われどうにか撮れたようです・・。

EF81-141+209系元ウラ68編成6両 配9460レ
EF81-141 配給

走るは貨物線ですが懐かしの京浜東北風景・・陸橋を潜ればすぐに与野駅。
209.jpg

2012.06.04    カテゴリ:  日記 

   6月1日 朝練の追加分

夏至前後の楽しみは早起き撮影・・今は4時台の撮影が可能です。
冬なら真っ暗でまだ眠ってる時間ですが、この季節ならではの早朝貨物捕獲・・少々眠いですが4時過ぎ頃から
「あけぼの」通過の6時半までの約二時間、たっぷりと撮影出来るのが楽しいです。

「あけぼの」、毎年のようにダイヤ改正頃になると廃止の噂がありますが・・もうそろ本当に消えてしまいそう?
そうなってから慌てても遅いですから、撮れるときに撮っておく・・と思って記録しています。


撮影時間が前後しますが、「あけぼの」から載せて行きます。
EF64-1052 2022レ 「あけぼの」EF64-1052 AKEBONO-2

もう一枚いきます。
EF64-1052 あけぼの

4時台の貨物、まだ薄暗い中での撮影になりますが、そんな雰囲気が好きです。
EH200-20 4077レ
EH200-20 4077レ

EF210-129 3089レ
EF210-129 3089レ

EF64-1012 3053レ
EF64-1012 3053レ

朝の撮影ではこんな楽しみもあります。
それは貨物同士のすれ違い・・5時半過ぎ、うまく行けば三回ほど撮影が出来ます。
右 EF64-1008 単8175レ   左 EF65-2101 9074レ
EF64-1008 単8175レ EF65-2101 9074レ

右 EF65-1060 7070レ    左 EF65-1076 2074レ
EF65-1060 7070レ EF65-1076 2074レ

右 EF65-2127 8077レ    左 EF65-1083 8074レ
EF65-2127.jpg






2012.06.02    カテゴリ:  日記 

   6月1日 朝練でPF貨物撮影

PFの改番が思ったよりも早く進行してます・・1000番台のカマも残り少なくなっているようですが、効率よく撮影出来る早朝貨物で残された1000番台を捕獲してみました。

6月1日、朝は4時半過ぎからの約二時間撮影で、11本のPF貨物を撮影しましたが、1000番台7本、2000番台4本とこの朝は1000番台の方が数が多かったですが、いつまでもこんな状況であるとは思えません・・。1000番台撮影ならお早めにです。

6月1日の1000番台は
1036、1057、1060、1069、1076、1083、1095
   2000番台は、
2080、2093、2127・・でした。

カラシも半カラシ(旧1080号機)も2000番になってしましました・・。今朝の捕獲1000番台、番号の若い順に載せて行きます。

EF65-1036 8178レ
EF65-1036 8178レ

EF65-1057 4094レ
EF65-1057 4094レ

EF65-1060 7070レ  EF65-1076 2074レ 毎朝繰り返されたPFの並び発車・・1000番並びの撮影はもう難しくなりましたね。
EF65-1060・EF65-1078

EF65-1069 3084レ
EF65-1069 3084レ

EF65-1083 8074レ
EF65-1083 8074レ

EF65-1095 5764レ
EF65-1095 5764レ

ここからは2000番台です。
EF65-2093 8179レ
EF65-2093 8179レ

EF65-2101 9074レ
EF65-2101 9074レ

EF65-2127 8077レ ゲゲニーナと呼ばれていた1127号機・・これは変えて欲しくなかったですが、生き残るにはこれしか道なし。
EF65-2127-3 8077レ




2012.06.02    カテゴリ:  ネタもの 

   EF81牽引の配給×3

地元沿線では旅客、貨物とも定期運用から外れてしまったEF81ですが、
まだまだ工臨や配給で元気な姿を見ることが出来ます。

ここ最近撮影した「ネタもの」から、EF81牽引の三枚を載せてみます・


まずはEF81に牽引されて秋田に向かうEF510+DE10から、
EF81-141+EF510-503+DE10-1685 配9775レ  2012.05.23撮影
imgCAXLS6XI.jpg

EF81-136+485系モハユニット   配8145レ  2012.5.31撮影 
imgCAH40Q7I.jpg

EF81-140+EF510-503 配9722レ 2012.6.1撮影
imgCA4G62BC.jpg
 
  

2012.06.02    カテゴリ:  復活SL C6120 

   5月30日 上越線試運転

上越線はC61の旧客試運転、吾妻線で小野上工臨が入るとのことで出撃してきました。

八木原の定番で鉄仲間と合流の約束・・自宅のギリギリ出発が祟ったのか、朝の高崎線は人身事故とかで大分の遅れ・・遅刻参上は毎度の事、遅れは速い乗り物でカバーと言うことで新幹線利用、時間には間に合いましたが高い料金を支払ってしまいました。

C61-20 八木原付近  「あさかぜ風HM付」 試9735レ
c61-9.jpg

八木原で一発目の後は迷うところです・・今回は渋川北方の大カーブで捕獲することにしました。
試し撮りの115系 731M  渋川~敷島
上越線731M渋川~敷島

大正橋を渡る音が聞こえるとC61はすぐに姿を見せました。煙は少し手前で終わってしまいました・・。
c61-4.jpg

C6120 これぞハドソン。「はつかり」の姿を見たかった・・。
c61-7.jpg

この後は吾妻線のDD51工臨を撮りに移動です。
DD51-888 小野上工臨 工8191レ
dd51-888-4.jpg

工臨待ちの間に来た185系「草津2号」3002M
kusatu.jpg

撮影後は水上の機回しと思ってましたが、小野上駅で待機のDD51を撮影。
DD51-888 小野上駅

地元でお目に掛かる鉄ちゃんとまたしても遭遇。これで信越、上越と4回ほどお会いしてます。そういえば地元でお会いするより遠征の方が最近は多いかも・・。



Copyright © G鉄・ズレズレ鉄日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。